1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

お客様の層 リフォーム業

河北
河北

おはようございます。

河北です。

本日で5月も終わりですね。

日曜日でも、相変わらずの仕事です。

月末ですので今月はどこまで売り上げが伸びたのか、ちょいと楽しみであります。

色々とテストを行っている最中でもあるので良い結果がでるのが楽しみです。

最近、リフォーム業の方以外でも話を聞いていると、

「お客さんは安いことばっかり言うのですよねぇ~」とか

「中々、良いお客さんが来ないんです・・」

なんてよく耳にしますが、業者側が言う良いお客さんって、自分にとって都合の良いお客さんのことなんですよね。

ですから本日はお客様の層について書いてみようと思います。

いいお客様って一体どんなお客様?

解りやすいように他業種でお話しますと例えば利益率がいいから、輸入車販売をしたいと言っている中古車販売会社がいるとします。

扱っている車はBMWやらベンツやらという車です。

価格帯はディーラーより少し安い価格で事務所は経費を抑えるために、お世辞でも綺麗な事務所とは言えない場所です。

保証内容などを含めると結局ディーラーと同じような価格帯に落ち着くといった感じです。

狙っている客層はディーラーに来るようなお客様の層を狙っているということでした。

これでお客様来ると思いますか?

ということです。

答えはNOだと私は思います。

なぜなら、ディーラーに来るお客様の層ってリフォーム業界で言えばハウスメーカーに行くような層なんですよね。

その層を取るには自分はどうならないといけないのか?

ということを考えていかないといけないということです。

実は、その近辺にもう1つ車屋さんがありました。

そちらは販売ではないのですが鈑金工場を経営している会社です。

見た目にも、ここは修理専門なんだなと一目見て解るような外観です。

看板には安価な料金も明確です。

価格は安価で掲載しているので、来るお客様は様々で、

  • 仕事中に車ぶつけてしまったので会社にバレる前に治したい
  • ちょっとした傷だがディーラーに依頼すると高いので安価で治したい
  • 輸入車の修理が高いので安価で修理したい

ということで、安価で修理したいというお客様の層に絞っているので、いつも繁盛しております。

この2つの事例を見ていただければご理解いただけると思いますが、自分がリフォーム行であれば、一体どのように店を作り

どのようなお客様の層を狙うのがいいのか?

という良い例だと思います。

見た目から全てを統一することでそれだけでもお客様の層って絞ることできるんですよね。

勝手にお客様から引き寄せられるというのはそういうことだと私は感じております。

あくまで私の考え方ですが多少でも参考になれば嬉しいです。

それよりも集客を知りたいということであれば現在私が使っている集客方法を今だけ無料で公開しておりますのでよろしければご覧になりやってみてください。

またブログではちょっと公開できないようなリフォーム業で売り上げを上げるための秘訣などはコチラのメルマガで公開してます。

メルマガの内容は

  • 年商1億円上げるために具体的な方法や考え方
  • 現在リフォーム業界で起きている出来事
  • 他の業界からマネしてリフォーム業界に活かせる面白い広告や考え方
  • 安価でUBやキッチンを仕入れている方法

などリフォーム業界に特化したリアルタイムで入手した内容をメルマガで送っております。

よろしければご覧ください。





リフォーム経営者が1000人以上購読しているメルマガですよ。

お客様の層 リフォーム業