1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

住宅リフォームのフランチャイズについて

河北
河北

あけましておめでとうございます。

河北です。

今年も、コツコツとブログ更新しますのでよろしくお願いします。

年も明けて今年も仕事がスタートしておりますので、頑張らないとですね。

今年も目標も定まっておりますので1年間、淡々とこなしていこうと思います。

その成果が、また今年の終わりに出るかと思いますので、凄く楽しみであります。

では今日は住宅リフォームのフランチャイズについて書いてみます。

リフォームにおけるフランチャイズ展開

私もフランチャイズを行っているのですが悪いとこ、良いとこ、ありますから本当に素直な気持ちで書いてみます。

基本的にフランチャイズに入る理由ですが、私は集客と信用と信頼だと思ってます。

結局のとこ加盟して仕事は自分で集客してね!

みたいな感じだとキッツイと思います。

実は私、あるフランチャイズに若い頃に加盟したことがあるのですが売上10%がロイヤリティであるということ。

本部制作のチラシをひたすら配布しろ。

この2点でした。

そのチラシにはフランチャイズ募集!!

と書かれたチラシでしたけどね(笑)

結果は言うまでもないですが、とにかく電話鳴らない、、という経験をしたのです。

これフランチャイズの意味あんのかな?

と凄く不思議に思ったんです。

単純に集客を自分で考えるのであればフランチャイズはキッツイな、、、と思ったわけです。

ですから私は集客を行ってくれるのであればいいんじゃないのかな?

と思います。

集客ってテクニック系だけのことでもないですしもう少し奥深いものありますからね。

あとはビジネスの目的です。

今の時代は、もう本物しか残ることができない時代であります。

本物とは何か?と書くと凄く長くなるのでどこかで詳しく書かせていただきますが

簡単にいうとお客様から選ばれるようにならないと駄目だということです。

これが見込めるようなフランチャイズであれば私は良いと思います。

そして私もフランチャイズ本部として活動してますが、やはり、そこは大事だと思って仕組みを考えていきました。

私のビジネスは良いとして、もしフランチャイズを検討しているのであれば、集客の部分とメリットデメリットを明確にしたほうがいいと思います。

デメリットが一切なし!というのは、まずないですからね。

あとはビジネスの目的が大事だと思います。

ビジネスって利益が出ないと苦しいだけになりますので会社として行う以上は利益を出すのは大前提なんですよね。

そのためにフランチャイズに加盟するか?

もしくは自分で集客を極めたい!と思って今は苦しくても我慢して行っていくか?

の、どちらかしか道はないと考えます。

私はどちらが正解といことはないと思います。

それは、その方のビジネスへ対する考え方次第で答えが変わります。

私の考え方に少しでも共感いただけたのであれば、よければメルマガに登録してみてください。

もちろん無料です。

メルマガで書いている内容は

  • 年商1億円を上げるために具体的な方法や考え方
  • 現在リフォーム業界で起きている出来事
  • 他の業界からマネしてリフォーム業界に活かせる面白い広告や考え方
  • 安価でUBやキッチンを仕入れている方法
  • ニュースを見てリフォーム業界に置き換えていき集客する方法や先行きを予測する方法
  • 反響の取れるチラシの作り方とは
  • うちの実店舗での成功例・失敗例の公開
  • 他社にマネできない集客方法の作り方とは
  • 明日からできるネット集客法とは
  • リフォーム業で上手く行っている方の思考とは
  • 私が行っている隙間リフォームビジネスとは
  • 経営者として大事な考え方とは
  • 年商10億の壁の破り方とは
  • ブランディングの仕方とは
  • 私が行っている集客方法とは
  • 私が実践している2019年の最新集客法とは
  • リフォーム集客が難しくなった理由とは
  • HPやチラシでお客様の○○に特化して書くと爆発する?
  • 失敗しないための広告宣伝とは?
  • 価格以外で比較させる、たった1つの方法とは?
  • 利益率を上げる社内システムは?
  • 専門特化型で圧倒的に集客する本当の意味とは?
  • 地域密着でリフォーム集客する最善の方法とは?
  • リフォームの集客に大事なチラシとは何か?

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで入手した内容や集客セミナーのご案内をメルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が購読している8年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。

もちろん無料です。

住宅リフォームのフランチャイズについて