1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

今伸びてるリフォーム会社

河北
河北

おはようございます。

河北です。

今後の予想とか考えていると凄く楽しいなと思います。

自分で予想をして行動を起こしてそれがバチッと当てはまると凄く気持ちいいなぁと思います。

だから私は予想したり分析したりするの大好きなんですよね。

マーケティングなどのオタクなのかも知れないですね。(笑)

まぁどっちでもいい話です。

では、本日は今伸びているリフォーム会社について書いてみたいなと思います。

伸びている会社の実態

業界紙読んだりしていると凄く伸びている会社が取材されております。

ただ、この伸びている会社のマネってできないという一言で終わります。

なぜなら継続している期間が違いすぎます。

継続しているだけで、ちっとも大きくならない会社をみていても、どうにもならんです。

ただ伸びている会社を見ていると常に伸びているんですよね。

例えば前年比120%UPと言ってますが1億の120%UPと10億の120%UPと50億の120%UPとでは全然違います。

そして継続と言っても1億で継続10億で継続、50億で継続って全然違うんですよね。

それを見ていて、マネできんと素直に思います。

例えば業界で新しい試みを起こす!なんて言って行われている会社もあります。

でも、すぐには結果でないですが、ずっと継続されており、数年後に伸びている結果を見て、マネしても上手く行くわけないです。

それまでに投資したことや、やり続けたこともありますからね。

そこを見ずにマネしても上手くはいかんだろうなと感じております。

ただ現実として伸びている会社は、やり続けている継続性があるということです。

ちょっと上手く行かないからと言ってやめてしまったりすることはないです。

私の想像ではありますが、苦しい時もあればこりゃあかんわぁ~って思われた時もあるのかなとは感じます。

でも信じてやり抜いたんだろうなというだけは客観的に見ていて感じます。

ですから、伸びている会社って、とにかくやり続けているということだけ感じます。

それも毎年110%とか120%とか、とにかく継続して伸ばし続けているなと感じます。

ただその中でも理由があり同じリフォームという業態ではありますが、業種分けは行っているということです。

ただリフォーム屋だけをやっているわけではなく、その中でも新築部門もあれば不動産部門、

そして小さな営繕やっていたりと多角化と言えば少し違うかもですが、こうやってお客様の層を幅広く捕まえているということを行っている会社が伸びている印象を受けます。

まぁこれも1億や2億の会社では多角化も何もないので、マネできないですけどね。

ただどの規模まで大きくしたら多角化がいいのか私には解りませんが、そうやって行っている会社が伸びているという印象です。

多角化を行えば失敗してドエライ目にあうリスクもあると思いますが、それでも横展開できるような感じで行っている会社様が伸びている感じです。

これには私も凄く共感できます。

うちもリフォームだけではなく全く関係ない業種の会社やっているので、なんとなくわかります。

1つの事業が落ち込んでも1つの事業が伸びれば補うことができますからね。

こうやって横展開的に拡大していっている会社が今後は伸びて行くのだと予想します。

まぁあくまで私の考えですけどね。

リフォーム経営者1000人以上が購読している儲かるリフォーム会社の経営メルマガはコチラから




このブログが少しでも、お役に立てば嬉しく思います。

今伸びてるリフォーム会社