1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

リフォーム集客 チラシ

河北
河北

おはようございます。

河北です。

2月も後半になってきましたが今月は、かなりいいペースで契約が決まっているなぁという印象です。

やはり3月4月の繁忙期にかけての追い込みを感じます。

今月に限っては結構チラシの反響からのご契約が多いですね。

ということでリフォームチラシの集客について書いてみます。

チラシ集客で赤字にはならない

リフォームのチラシで集客するのって凄く難しいとか採算が合わないとか結構言われます。

でも、きちんとチラシを作って配布すれば赤字になるようなことって、そんなにないんですよ。

ただよく失敗としてあるのが他社さんのチラシをマネして作る方が多いので思ったような結果がでないのはないのかな?と感じます。

私もチラシで失敗したことあるんですがその時は他社さんのチラシをマネして作って全然電話ならなかったことありました。

しかし自分で考えてチラシ作るようになってからチラシでの集客がうまくいくようになったのです。

チラシを配布する目的です。

それは電話を鳴らすことが目的だということです。

契約が目的じゃないのですよね。

あくまで問い合わせの電話を鳴らすことだけを考えてチラシを作ると電話がなるのです。

具体的に言うと他社と比較してくれればうちは価格的にも提案でもお得ですよ~ですから一度電話くださいね~

としてみたり、

凄く仕入れが安い商品があれば、この商品は○○という理由があるからもし欲しい人いたら電話くださいね~

というようにしてみたり

価格重視ではなく近所の信用できる会社に頼みたいという方は、お電話ください~

というようにしたりと、このように伝えることを1つに決めるとチラシの集客って私は上手く行きだしました。

採算合わないんだよねぇ~って話を聞きチラシを拝見させていただくとあれもこれも書いてあるなぁと感じます。

それと最低限の反響率を知らない方も多いなぁと思います。

チラシ10000枚配布して電話20件とかはリフォームに限っては、まずないですからね。

もっと少額の工事とかなら、そのくらいの反響率は見込むことできますが、お風呂などの工事で、この反響率を求めること自体が間違ってますからね。

こういった反響率も先に調べてみると良いと思います。

ただチラシの集客って難しいんですよね・・・

リフォーム経営者1000人以上が購読しているリフォーム集客・経営メルマガはコチラ



リフォーム集客 チラシ