1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

リフォーム業界の現状

河北
河北

おはようございます。

河北です。

あっという間に1月も終わり本日から2月スタートです。

しっかし時間が過ぎていくのが早いなぁと感じます。

現在のリフォーム市場

反響が落ちるかなぁ~と若干の不安はあったものの、反響は落ちることなく少し安心しました。

ただ、契約率が悪いというか返事待ちが思ったより多いという印象です。

増税前の先食い状態だった昨年と比べると落ち込みはありますが、予定通りといえば予定通りの落ち込み率です。

そして、今年変わったと感じるのは売価の価格です。

これが昨年よりも、より一層下がっていくという予感がします。

リフォーム会社が営業してメーカーの販売代理店という立ち位置で活動している感じですが

この立ち位置も終わりに近づいている感じがしてきます。

まぁどの業界もそうですからね。

特にコンビニ見ていて感じます。

セブンイレブンなど特に感じますよね。

元々は各メーカーの商品を並べているという感じでしたが、今では、ほぼ自社ブランドになっております。

だからといって売れないか?

というとそうではないですよね。

時代を見て、やり方を変えて変化をしていかないといけないなぁと凄く感じます。

では、リフォーム業界に置き換えて考えていくと、まぁ商品は1000%自社ブランドなどにしても売れないですわね。

あくまで、メーカーさんの開発した商品を売らせていただかないといけないです。

ここは、どうしようもないです。

但し、営業のみで、後は外注というスタイルは変化していくような気がします。

もう何年も前ですが、どっかの建設会社が大学卒業した若い方を雇用して

自社で職人を育てて新築案件を行っているというのをTVで見たことがあります。

凄いなぁ~と思って見ていたのを思いだしますが、ああいった会社が、今後は利益を出しながら行くのかな?

と予想します。

ここまでリフォームの市場の価格が下がってきてますからね。

我々のような業者は市場の価格に合わせないと仕方ないですからね。

うちも今年は、少し変化が必要と感じ変化をしながら進めておりますが、読み通りの展開になりそうです。

今年は凄く競争激しく、やりがいのある1年になりそうです。

それも集客には問題がないから言えるのですけどね。

リフォーム経営者1000人以上が購読しているリフォーム集客・経営メルマガはコチラ



リフォーム業界の現状