1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

リフォーム業界の将来性について

河北
河北

おはようございます。

河北です。

前回のブログで時代の流れについて書いたのですが、面白い考え方やねぇ~

なんてメールを頂戴しました。

まぁあくまで1つの考え方として捉えてくださいね。

私は、そう思っているというだけでありそれが当たっているかどうかなどは解りませんからね(笑)

ということで続きみたいになりますが今日はリフォームの将来性ということについて書いていきたいと思います。

リフォームは無くならないが価値観は変わる

時代が変わり価値観が変わってきているので将来性と言っても何とも言えないですが、ただ、これも私の考えではありますので読んでみてください。

まずリフォームというのは、なくなるわけではないと思います。

誰だって綺麗な家に住みたいですし誰だって良い家に住みたいですからね。

ただ、こういった家に住みたいからリフォームしようと思うけど、予算があるから我慢しよ。

みたいなお客様の層が増えてくるのではないかなと私は感じております。

もう少し具体的に言いますと、リフォームしたくないけど、しなくては仕方ないという層です。

ですから、この層を狙っていけば絶対数が増える可能性は非常に高くなると私は思っております。

業者側として考えるのは、お客様との価値観のズレを、とにかく無くす。

ということを考えていけば、お客様が望むリフォームをしていくという方向性にしていくことで、将来的には伸びるとは考えております。

ただ、そこの市場は、かなり競争は激しくなると予測されます。

ですから、そこでの自社の立ち位置を、しっかりと見極めていくのが重要だとは思います。

今は別会社になりましたがリフォーム事業はやっております。

そこの状況をみても、やはり狙うターゲットとしては、高単価ではなく、安単価の層ですね。

そこでいかに会社を存続させる利益をとっていくという仕組みが必要かと思います。

そこで、しっかりとした基盤ができれば将来伸ばすことができると私は思います。

あくまで私の考えではありますが、少しでも何かの気付きになれば嬉しく思います。

それ以外にも気がついたことや、少しブログでは書けないような内容はメルマガで書いております。

メルマガの内容は、

などとリフォーム業界に特化したリアルタイムで入手した内容や集客セミナーのご案内をメルマガで送っております。

1000人以上のリフォーム会社の社長様が購読している6年以上前から発刊しているメルマガです。

よろしければご覧ください。



リフォーム業界の将来性について