1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

コロナで気が付いた集客の本質

河北
河北

どうも

河北です。

あっという間に2月です。

本日は、少し集客の本質について書いてみます。

コロナ禍で気づいた需要の変化

実は1月中旬にどうしても外せない会食があり、二人ということもあり会食に出かけたのです。

その日はお酒を飲むつもりはなかったのですが、まぁ飲まないわけにもいかず少しだけお酒を飲んだわけです。

私は、出先からの待ち合わせでしたので車で行ったのですよね。

そして21時になり、時短営業ということもあって、さぁ帰りましょう。

ということになったのです。

そこで、代行を呼んだら、

「1時間待ちです」

という返事だったわけです。

ですから、仕方なく一人フラフラと歩いていたのです。

私は愛煙家ですので、どこかでタバコを吸うとこがないのか?と探していたのです。

そうしたら、1軒だけバーが営業していたのですよね。

怪しげなバーでしたが、タバコ吸えそうなので入店したわけです。

そうしたら、もう密密状態で、お客さんでギューギュー詰めなわけです。

さすがに、こりゃまずいな、、、と思って入店はしなかったのですが、ここで感じたのが、おそらくですが、この店がいつも人気というわけではなく時短営業に応じていないので、行くとこがないのでお客さんで溢れかえっているという事実です。

こうやって考えると需要と供給のバランスをあえて崩すようなことをすると、凄く集客に困らないビジネスモデルができると思ったのです。

ず〜っと考えていると、回転寿司などまさにそうですよね。

郊外型が多く、競合店がないので土日などファミリーで満員なわけです。

こういったのを自分がやっているビジネスに当てはめて考えると、凄く面白いなぁと考えておりました。

需要と供給のバランスをあえて崩す

では、実際には、どのようにすればいいのか?

1つは需要と供給が崩れる時期、どの業界もあるとは思うのですが、リフォームだと3〜4月は忙しいですし、引っ越しもそうですよね。

では、その中から細分化していくとエアコンは?私が行っているガス給湯器は?壁紙は?などいくらでもあるわけです。

そうやって需要と供給が崩れる時期に、販売する商品を変えて行うと凄く面白いですよね。

ちなみに何かのTVで見たけど、アイスクリームって冬に沢山売れるらしいですね。

暖房のついた暖かい部屋でアイスを食べる方が多いとTVでやってました。

こういった需要と供給が崩れるビジネスに目を付けて行うと面白いと思います。

さらに突っ込んだ話はメルマガで詳しく説明しております。

よければ登録しておいてくださいね。

メールアドレス登録が面倒な場合は、LINEでも送っておりますのでよければ登録しておいてください

それでは、また更新します。

コロナで気が付いた集客の本質