1億円を売り上げる集客マニュアルはこちら

コロナでリフォーム集客はどうかわるのか?

河北
河北

おはようございます。

河北です。

愛知県は緊急事態宣言があけたのですが
なんか落ち着いてきたのか落ち着いて
きてないのか?

本当によくわからない感じです。

とはいえ生活関連の当社のような会社は
言うほど影響は受けてはないとは思います。

しかし、お客様が少しづつ変わってきたのは
感じております。

コロナ禍でのお客様の行動変化

どう変わったのかといいますとコロナが起き、今までネットでの注文が面倒くさい、どうしても不安だというお客様の層の背中を押すことになり、オンラインでの見積もりが急激に増えております。

そうなるとネット広告へ掲載していない会社というのは少し不利ですし、この対応に追われる会社が増えたのでは
ないかと思います。

今までは電話対応で対応していたのが、急にメールやラインやチャットなどでの対応をしないといけなくなったからです。

結構ネットへ移行してきている業者も多いので、そこに仕事が流れていくような感じに今後もなるのではないかと予測できます。

そして近所だから依頼したというお客様が、今後急激に減るんじゃないのかなと予測できます。

その理由としては近所へ依頼する層というのは、ネットで探したり完結するのが苦手な層だったり面倒だったりと感じる層です。

しかし、その層がネットで検索すると、

「あれ?もっといい業者いるじゃん?」

「いちいち来なくても金額出ると言っているし」

などと、気が付いちゃうというと言い方悪いですが、だったら便利な方に依頼しようかなとなるのではないかと考えられます。

そう考えると、店舗展開していくということが時代遅れのビジネスモデルになる可能性も高いというのが、私が少し懸念するとこです。

もちろん今すぐ劇的に変わるということはないですが、今後、そういった流れになるのではと感じることはあります。

リフォーム集客の新しい形

特に単品ビジネスをやっている当社などは、その傾向が強く出るのではないかと思います。

これが、どうしても会わないと商売にならないというビジネスであればそんなことはないでしょうが、自粛がおきネット人口というのは、相当増えたというニュースが出るくらいですから今後、相見積は格段に増えてくるだろうと感じます。

そして自粛のおかげで私も感じることがあるのですが、今までの無駄な動きというものが必要なかったなと思うことです。

今までは時間があれば人と会ったり商談したり、コミュニケーションを取るために前に進まない商談でも付き合っておりましたが、それがお互いに自粛ということでなくなったわけなんですよね、

しかし業務に何も支障が出ることはなく、むしろ効率化ができてしまったという事実を突き付けられた会社は、

さてどうするのかな?

ということです。

今までは無駄な動きが仕事であったわけですが、今後はより一層成果主義になっていくものだと私は思います。

それはお客様から業者を見たのも同じであり、面倒なことはなく会うこともなくサクサクとリフォーム工事が終わっていくのであれば

そちらの方が良い。

と判断されていくのではないかと予想できます。

そうなると、では今後はどうなっていくのか?

会わなくてもコミュニケーションが取れたり
会わなくても事前に人柄がわかったり
会わなくても親近感が沸くような存在になったり

という会社にしていかないといけないのではないかと思います。

では具体的な施策はどうすればいいのか?

それは、もうSNSや動画を活用していく時代が来たと私は感じます。

少し長くなってしまいましたので、続きは次回書かせて頂きます。

時代が変わったのは解ったけど、とりあえず手っ取り早く集客したいと思う方は、コチラから年商1億円を最短最速で達成する方法を無料で公開しておりますので登録しておいてください。

メールアドレス登録が面倒な場合は、LINEでも送っておりますのでよければ登録しておいてください

それでは、また更新します。

コロナでリフォーム集客はどうかわるのか?